calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 今年最後のBIGイベント 『楽天スーパーSALE』 開催決定!!
    ゆっこ (11/20)

search this site.

おススメです!

新規加入者募集

無痛分娩の悩み2

  • 2014.07.06 Sunday
  • 16:33
前回に引き続き、無痛分娩についての記事です。前回の記事ではいつもの倍以上のアクセスがあり、関心の高さに驚いています。
興味のある方は「記事の続き」から読まれてください。

思い通りにいかないことだらけですが、妊娠・出産が少しでも理想に近いものでありますように。

奇跡の連続として生まれてくる赤ちゃんと、そのご家族に敬意を込めて。

 

「記事の続き」のある記事です。読んで見られたい方は各記事の下にある「記事の続き」をクリックされてください。
無痛分娩の悩み1
無痛分娩の悩み2(今読んでいただいている記事です)
無痛分娩の悩み3


 
IKUの悩んだ以下の点ですが、調べたり家族と相談することで解決できました。
また、無痛分娩を選択してみて分かったこともあります。
今回はそれらのことについて書いていきます!

1 痛い陣痛に耐えたら立派な母になれる
陣痛の痛みは人それぞれ。何をもって立派な母親なのか?痛みに耐えたから立派な母親になるのではなく、妊娠・出産・育児を通してどう子供と向き合ったかで決まるのでは。長男を自然分娩(普通分娩)で産んだからIKUは立派な母親になれたか?→まだまだこれからです(^−^;)
痛みに耐えることが美徳とされる儒教的な考えから日本では無痛分娩の浸透が遅れているそうです。
参考はこちら→
TOKYO産科麻酔チーム

2 陣痛に耐えた分、赤ちゃんがかわいい
心配いりません!!断言できます。自然分娩で産んだ子も無痛分娩で産んだ子もべらぼうにかわいいです!!

3 昔の人は無痛なんてなかったんだから普通分娩にすべき
4 みんな普通分娩で産んでる

この2つはよく年配の人から聞く言葉です。昔の人は無痛分娩なんてなかった、確かにその通りです。
でもそれを言ってしまうともっと昔は帝王切開も無かったですよね。
帝王切開が開発されたおかげでたくさんの命が生まれています。
歯医者の麻酔だってなかったのです。
「昔は〜」と言う人は虫歯の治療を麻酔なしで、他の手術も麻酔なしでするのでしょうか(^−^;)
・・・そんな!・・・きっと無理ですね。
科学の進歩に感謝しつつ、麻酔をしてもらうのではないでしょうか。
と言うわけで、
「昔はなかった」と言う理由は全くナンセンス!!!

5 自然分娩(普通分娩)が最高の分娩方法だ
私の周りの親世代がよく言いますが、人間も動物なんだから自然に産めるはずだと。それが一番赤ちゃんにもお母さんにもいいのだと。
しかし、何をもっていいのでしょうか?産むのはじいじやばあばではなく、お母さんです。お母さんが納得して一番いいと思った出産方法が一番いいのではないでしょうか。もちろん、お母さんは赤ちゃんのことを一番に考えます。大事な赤ちゃんを安全に産みたい、その後自分の体のダメージを最小限にしておいた方が赤ちゃんのお世話ができる!!と考えて無痛分娩を選び、管理人は最高に満足しています。赤ちゃんはきれいなピンク色で呼吸もしっかりできていましたし、私自身の体調の戻りも比べようのないほど早かったです。母体のストレスが少なかったお蔭かおっぱいの出もよく(2人目の出産だったからかもしれませんが)、産後すぐから赤ちゃんのお世話ができました。

6 赤ちゃんが頑張っているのにお母さんが頑張らないなんておかしい

常軌を逸脱した陣痛の痛み…このような母体へのストレスは、胎児に悪影響を及ぼしている事が研究でわかっているそうです。
管理人の長男も長引く出産によって心音が弱まり、生まれたときは新生児仮死状態でした。赤ちゃんは頑張って命がけで生まれてきてくれるのですが、命を脅かすリスクを母親が作ってしまっていたということになります。このことを知ったときはショックでした。赤ちゃんが頑張ってくれているからといって、お母さんが過度に我慢することが必ずしもいいこととは言えません。
それまでおなかの中で赤ちゃんを育てることだって頑張っているじゃありませんか。出産を頑張ることも大事なことですが赤ちゃんが生まれてから育児の本番です。出産によるダメージを軽くして育児を頑張るぞ〜!と前向きにとらえると、出産に関して無痛分娩を選択することは決しておかしいことじゃあありませんね。

長くなってしまったので今回はここまでに。以下の3点についてはまた次回♪
7 無痛にする費用が無駄だ
8 二人目は簡単に産まれる
9 無痛分娩といっても効かないこともある

無痛分娩にしようかどうか悩んでいるあなたの参考になっていれば幸いです。
良かったらこちらもご一読ください。

「記事の続き」のある記事です。読んで見られたい方は各記事の下にある「記事の続き」をクリックされてください。
無痛分娩の悩み1
無痛分娩の悩み2(今読んでいただいている記事です)
無痛分娩の悩み3
にほんブログ村さんへリンクを張らせていただきました。
「うちもそう〜!」で救われることって多いですよね。ご活用ください(*^−^*)
子育てブログ全体を見渡すにはこちらがおススメ→子育てブログ
人気の記事が読みたい方は→子育てブログランキング

プレママ・プレパパさんにおススメはこちら→マタニティー・妊婦ブログランキング
生活に関することならこちらから→その他生活ブログランキング
いつも利用させていただいているにほんブログ村さんのトックバックコミュニティです☆
こちらも気になる記事が満載なのでお時間があればのぞいてみてくださいね(^−^)
★いつも元気をもらっています★
子育てを楽しもう♪
笑顔になれる子育て
育児
子育てのつ・ぶ・や・き

ランキング参加中です。皆様の「ぽちっ」が励みになっています。
にほんブログ村 子育てブログへ  
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

スポンサード リンク

広告

ranking

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキング

links

profile

mobile

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

広告

いいものあります